【将棋】端角中飛車の対策

将棋初心者や級位者で猛威を振るう、端角中飛車の対策です。序盤で簡単に突破されない方法を紹介していますので、端角中飛車と戦う際の参考にしてください。

端角中飛車の狙い筋

端角中飛車は飛車を5筋に回り、角を端から覗かせて無理矢理中央突破を狙います。

破壊力はありますが、序盤に飛車角を多く動かすため、手損による陣形差が付きやすく勝ちづらい戦法です。

しかし、将棋初心者や級位者の方では話が変わり、強引な攻めを喰らって受け間違い、あっという間に敗勢ということもある恐ろしい戦法です。

まずは、端角中飛車の成功例から見ていきましょう。

(初手からの指し手)
▲5六歩△8四歩▲9六歩△8五歩▲9七角△6二銀
▲5五歩△3四歩▲5八飛(第1図)

5筋に飛車、端に角。この形が端角中飛車です。中央から来る気配がビンビンなので、△5二金右△4二玉と中央を意識して駒組を進めると…

(第1図以下の指し手)
△5二金右▲5六飛△4二玉▲5四歩(第2図)

△4二玉と上がって先手の角筋に入り、同歩と取れない瞬間を狙われ▲5四歩と突かれます。角筋から逸れようと慌てて △3二玉とすると、

(第2図以下の指し手)
△3二玉▲5三歩成△同 銀▲同角成△同 金▲同飛成

5三の地点の枚数が足りなくなり、飛車を成りこまれてしまいます。

玉を寄らずに他の手を指せば突破はされませんが、序盤早々に陣形を乱され力戦系の将棋となるので、初心者の方が望む展開ではないでしょう。

おすすめの△4二金上

(第1図以下の指し手)
△5二金右▲5六飛△4二金上(第3図)

5三の地点を補強しつつ、玉を角筋に入らないで駒組を可能とする「△4二金上」が、端角中飛車対策としておすすめしたい一手。

(第3図以下の指し手)
▲6八銀△4一玉▲5七銀△3二玉(第4図)

玉を戦場から遠ざけたあと、先手の銀が4六に出てきた場合は△4四歩と突き、銀が五段目に進出するのを防ぎます。

6六に出てきた場合は、

(第4図以下の指し手)
▲6六銀△9四歩▲6五銀△9五歩▲同 歩△同 香▲9六歩△8六歩(第5図)

銀が出てきて9筋の利きが止まった瞬間に角をいじめ、△8六歩と突いた局面は先手がどう対応しても悪く後手優勢です。

玉頭を狙われた場合

(第3図以下の指し手)
▲4八玉△4一玉▲3八玉△3二玉▲3六飛(第6図)

銀の進出は上手くいかないので、飛車で玉頭の歩を狙う手に対しては、

(第6図以下の指し手)
△5五角▲3四飛△2二玉▲3五飛△6四角(第7図)

5筋から飛車がいなくなったので△5五角と歩を貰い、△6四角と角をぶつけた局面は陣形差が大きく後手有利。

このあとの方針として、先手の不安定な飛車を目標にしつつ金銀を盛り上げていけば、自然と優位を拡大可能です。

まとめ

端角中飛車側が無理矢理攻めてくる例で紹介しましたが、攻めて来ないで駒組になった際も、金銀で盛り上がるように指せば問題ありません。

端角中飛車対策のポイントは、

・玉を角筋に入らない
・金銀を押し上げて陣形の差を主張する

以上の2点を踏まえ、相手の手損を咎めるような指し回しを心掛けて戦いましょう!