【TEPEN】グランプリ“CORE”Aグループ決勝3勝達成!デッキや対戦内容を紹介

『TEPPEN』のグランプリ“CORE”Aグループ決勝で3勝という結果でした。使用したデッキや対戦内容を紹介します。

グランプリ“CORE”Aグループ決勝3勝達成!

teppen-guranpuri-corefinal-deck
teppen-guranpuri-corefinal-deck-qr

グランプリ“CORE”Aグループ決勝の結果は3勝という結果に終わりました。

3勝……微妙な結果に終わってしまって記事にしづらい部分もありますが(汗)、使用デッキや対戦内容を紹介したいと思います。

使用デッキは「電刃練気リュウ」。これまで予選からウェスカーを使ってきましたが、モリガンが急増していたので不利となるウェスカーはやめました。

モリガンと互角に戦えるデッキは同じくモリガンかリュウ。モリガンを組むには「イブキ」が3枚必須ですが1枚も持っていなかったのでリュウを選択。

リュウでも最初の手札次第では何もできずに負ける可能性はありますが、それはモリガン側も同様なので最終的には運ゲーですね。

最近流行しているバーン型の「電刃練気リュウ」は、真空波動拳と比べてデッキに採用するユニットを少なくでき、盤面を広く使えてウェスカーのどの型にも有利なのが利点です。

仮想敵は第1にモリガン、次にウェスカーで調整しました。

決勝の対戦内容

teppen-guranpuri-core-final

1戦目:A4「空戦モリガン」

1戦目は予定どおりの「空戦モリガン」。

初手に「レディ」があったので速攻される心配もなく、バーン系のアクションカードを使いながらじっくりと攻めて勝利。

決勝は1度負けたらそこで終了となるので、勝ててほっとしました。

2戦目:A4「空戦モリガン」

2戦目は1戦目とランク帯も同じA4の「空戦モリガン」。

初手で「レディ」や「バレッタ」を引けず、冷や冷やしながら戦う展開に。

恐れていた速攻は無く、じっくりアクションカードをヒーローアーツで育てて勝利。

ゆっくりな試合展開になればバーンでこちらが能動的に攻めれるので、時間が経つほど有利になります。

3戦目:A3「黒き選別ウェスカー」

3戦目はA3の「黒き選別ウェスカー」。この戦いはバーンダメージがウェスカーの回復量を上回っているので、リベンジユニットを適切に処理すれば余裕を持って勝つことが可能です。

場をコントロールしながら電刃練気を重ねがけしたアクションカードを連打して勝利。

対戦する相手が仮想とドンピシャだったのでウキウキでした!

4戦目:A1「空戦モリガン」

4戦目はA1の「空戦モリガン」。初手に「レディ」があったので少し安心。相手は「ジェスター」で場を広げながら攻めてこられ、乱戦のタイミングで「イブキ」が投入される展開に。

「レディ」で「イブキ」を破壊しようと試みますが、「ジェスター」の効果出てきた「血染めの石像」にダメージを吸われ破壊できず、そのまま大きく育った「イブキ」に削られ敗北。

相手にうまく立ち回られると、対策していても「空戦モリガン」に対処するのが難しいですね。負けてくやしいですが3勝と負け越しは回避できたことに安堵しました。

結果:CORE環境最強のデッキは「空戦モリガン」

予想どおり「空戦モリガン」が猛威を振るったグランプリ“CORE”。完全に有利で戦うことができるデッキがない所からみると、CORE環境最強のデッキは「空戦モリガン」だと思います。

9月2日に追加される新パックでは強力なカードが数多く実装されるので、新しく始まるランクマッチがとても楽しみです。