【TEPPEN】グランプリ“CORE”第1ラウンドAグループ進出!デッキや対戦内容を紹介

『TEPPEN』のグランプリ“CORE”第1ラウンドを4勝し、Aグループ進出を果たせました。使用したデッキや対戦内容を紹介していますので、グランプリに挑戦する際や第2ラウンドに向けての参考にしてください。

グランプリ“CORE”第1ラウンドAグループ進出!

teppen-guranpuri-core1-deck
teppen-guranpuri-core1-deck-qr

5戦中4勝したことで、第1ラウンドをAグループに進出することができました。

使用したデッキは、スタッツ重視の「ミッドレンジウェスカー」。4MPでスタッツが高いユニットを多く採用し、盤面力を意識。

また、相手のユニットを破壊できる「サンプル採集」や「抹殺」を入れて、「空戦モリガン」や「逆鱗リオレウス」への対応力を高めています。

デッキには「サンプル採集」が2枚入っていますが、筆者が「抹殺」を1枚しか持っていないため代用しています。「抹殺」を2枚以上持っている方は、「サンプル採集」との交換がおすすめです。

レジェンドの「野望の継承者 ウェスカー」が入っていますが、試運転で入れています。しかし、今回の第1ラウンドでは1度も出せておりません。

抜いた方がいいレベルなので、変更する場合は、「漂う瘴気」など使いやすいカードが良いでしょう。

第1ラウンドの対戦内容

teppen-guranpuri-core

1戦目:C4「黒き選別ウェスカー」

1戦目はC4の「黒き選別ウェスカー」。ランクだけで見れば実力差があり、試合内容も余裕を持って勝利。

2戦目:B5「空戦モリガン」

2戦目はB5の「空戦モリガン」。今回の使用するデッキで最も警戒が必要な相手です。「黒き選別」ではモリガンの主力「イブキ」「レイレイ」を破壊できないので、「抹殺」などを使用して破壊を狙います。

モリガン側の対策としては、5MP以下のアクションカードを打ち消せる「隠された真意」があるため、「サンプル採集」や「破壊の本能」では確定で除去ができません。

そのため、理想はモリガン側も対処がし辛い「抹殺」がベストな選択です。

肝心の対戦内容ですが、初手の手札に除去カードが……無いっ‼\(^o^)/オワタ

ユニットを4体出したところで「サンプル採集」を引けましたが時すでに遅し。大きくなった「レイレイ」にボコボコにされ何もできずに敗北しました。

確定除去は入れても4枚までが限度かなと考えているので、1枚追加することを検討しています(ウェスカー…お前のせいか?(゜д゜))。

3戦目:D4「ライフアップエックス」

3戦目はD4の「ライフアップエックス」。恐らく相手の方は初心者でデッキもプレイングも甘々。問題なく勝利できました。

4戦目:チャンピオン「黒き選別ウェスカー」

4戦目はチャンピオン帯の「黒き選別ウェスカー」。ミラーマッチですが、相手の方は「アーカム」などのリベンジ持ちユニットを重視し、こちらは「ホイール・アリゲイツ」まで採用したスタッツ重視の構え。

並べていくだけで序盤の内にこちらが優勢を取れ、自然と相手の処理能力を上回り勝利。

ここで1つ気を付けたいのが、EXポケットにカードがある時に「ホイール・アリゲイツ」を場に出すと、 EXポケットのカードが消滅するので要注意

5戦目:B5「逆鱗リオレウス」

最後となる5戦目はB5の「逆鱗リオレウス」。流行りのとおり相手は赤と緑の2色デッキで、こちらの「黒き選別」ですべて処理が可能と有利なマッチアップです。

育った相手ユニットを「黒き選別」で処理するだけで勝てる楽な試合展開でした。「抹殺」などもあるので対策は万全ですね!

結果:5戦4勝第1ラウンドAグループ進出!

結果は5戦4勝とギリギリ4勝以上の条件を満たして第1ラウンドAグループ進出を果たせました。

モリガン戦は仕方なかったとして、まだまだデッキに改良の余地があるので、8月25日に開催される第2ラウンドまでにデッキを仕上げようと思います。