【TEPPEN】グランプリ“CORE”第2ラウンドAグループ決勝進出!デッキや対戦内容を紹介

『TEPPEN』のグランプリ“CORE”第2ラウンドを4勝し、Aグループ決勝進出を果たせました。使用したデッキや対戦内容を紹介していますので、グランプリに挑戦する際や決勝ラウンドに向けての参考にしてください。

グランプリ“CORE”第2ラウンドAグループ決勝進出!

teppen-guranpuri-core2-deck
teppen-guranpuri-core2-deck-qr

5戦中4勝し、第2ラウンドをAグループ決勝に進むことができました。

使用デッキは、除去カードとリベンジユニットを多く採用した「コントロールウェスカー」。

第1ラウンドとの違いは、「空戦モリガン」の対策を強化したかったので、試行回数を増やしてもあまり役に立たなかった「野望の継承者 ウェスカー」を「サンプル採集」に変更。

そして、除去を多くしコントロール色が強くなったため、能動的に運用できる「クロウ」をリベンジ持ちの「ゾンビ」と入れ替えました。「クロウ」は空戦を持つ強力な3コストユニットですが、回復手段が少ないウェスカーで3ライフ犠牲は馬鹿になりません。

自分から動くのではなく、相手の行動に対してベストな切り返しを目指す持久戦志向で第2ラウンドに挑みます。

第2ラウンドの対戦内容

teppen-guranpuri-core-2

1戦目:B5「ウロボロスウェスカー」

1戦目はB5の「ウロボロスウェスカー」。ウェスカー同士の戦いは、リベンジユニットをどちらが多く入れているかで、後半の有利不利が分かれます。

しっかりリベンジユニットを多く入れて対策は万全!と思いきや手札にユニットが1体しかいない手札事故。そのユニットを出してもアクションカードを引き、初っ端から辛い戦いを強いられました。

相手の方は「ウィリアム・パーキン」を3枚投入し、積極的に攻める姿勢。見かけた珍しいカードは「パイロン」やベーシックの「VAVA」を採用しています。

結果、前半のツケを払いきれずそのまま敗北。「集結する魂」はデッキを圧縮しつつ低コストになったユニットをEXポケットに呼べる優秀なカードですが、開幕に固まって来ると困ってしまいますね。

2戦目:B3「空戦モリガン」

2戦目はB3の「空戦モリガン」。こちらとしては一番警戒するマッチアップです。初手に「サンプル採集」があったので少しほっとしながら様子見をしていると、出てきたのは「ジェスター」。呼応で場にユニットがどんどん出てくる厄介なユニットですが、スタッツの高いユニットをぶつけながら処理し、盤面が徐々に有利に。

後半に「イブキ」を出されても「サンプル採集」で破壊して勝つことができました。

3戦目:A5「真空波動拳リュウ」

3戦目はA5の「真空波動拳リュウ」。「コントロールウェスカー」が最も得意とするマッチアップで、ユニットをただ出しているだけで勝てます。

最近では「電刃練気」を利用したバーン型のリュウが流行りつつありますが、そちらのタイプだとコントロールでは分が悪いため、デッキを変える必要が出てきます。

ユニットを並べるだけで相手の処理能力を上回り、安全に勝利。

4戦目:B5「緑黒ネルギガンテ」

4戦目はB5の「緑黒ネルギガンテ」。相手の「棘とばし」のタイミングに気をつけて、ライフにダメージを貰いすぎないようにするのがポイント。序盤は相手の方が有利なので、ユニットを出して凌ぎます。

「黒き選別」で破壊するユニットは「ドスギルオス」や「クロウ」、「神脚美麗 春麗」が良いでしょう。

スタッツが高いユニットを複数出せれば、相手の「棘とばし」で処理がしづらくなるため、自然と優勢に持ち込めます。

狙いどおりに序盤を凌いで勝利できました。

5戦目:B5「真空波動拳リュウ」

5戦目はB5の「真空波動拳リュウ」。3戦目と同様「コントロールウェスカー」が有利なマッチアップ。

常に優勢な試合展開ができましたが、途中手札に「サンプル採集」が3枚になり回しづらいことに。

除去はモリガン対策で必須なのでしょうがないとはいえ、1枚減らした方がデッキのバランスが良くなるかもしれません。

試合はリベンジユニットが火を噴き問題なく勝利。

結果:5戦4勝第2ラウンドAグループ決勝進出!

結果は5戦4勝で第2ラウンドAグループ決勝進出を果たせました。

決勝ラウンドでは流行のデッキが変わりそうな予感がするので、ランクマッチでしっかりと環境を把握していこうと思います。

今回は当たらなかった「逆鱗リオレウス」が環境から減ってくると、「あくび春麗」や「電刃練気リュウ」が増え、どちらもウェスカーでは相性が悪いのでデッキを変える必要があるかもしれませんね。