【TEPPEN】ランクマ“リオレウス”環境考察。流行ヒーローやデッキを解説

ランクマッチ“リオレウス”の環境で流行しているヒーローやデッキを解説。環境の把握やチャンピオン帯を目指す際の参考にしてください。

トップメタのモリガン

teppen-morrigan

前環境に引き続き、最も猛威を振るっているヒーローはモリガン。デッキは「空戦モリガン」や「4コス軸モリガン」などが人気となっています。

対策必須の「空戦モリガン」

「空戦モリガン」は、ユニットに空戦を付与する「フックショット」を活用し、呼応の効果でスタッツが大きくなる「イブキ」を軸に戦うデッキ。

ランクマッチで遭遇率が非常に高く、またデッキが回り出すと手が付けられないことからデッキを組む際の仮想敵筆頭です。

対策として、「空戦モリガン」は盤面にユニットを広げるような戦い方はしないので、単体を破壊できるアクションカードで「イブキ」などの主力ユニットを破壊するのがおすすめ。

ただし、「空戦モリガン」側も「隠された真意」などでアクションカードを打ち消す対抗手段があります。

アクションカードで対抗

アクションカードで対抗する場合、破壊・封印・停止・スタッツをリセットが候補。

この中で使う際に気を付けたいのが封印。封印は呼応の効果発動を封じることができますが、封印の効果が発揮されるのはアクティブレスポンスが終了してからです。

例えば、

1:モリガンがアクションカードを使用
2:「イブキ」に対して「武装解除」を使用
3:モリガンがアクションカードを使用

このやりとりの結果、「イブキ」に封印を付与して呼応を無力化はできますが、「イブキ」のスタッツは攻撃力6・HP8まで上がってしまいます。

封印は相手の能力を封じられる面白い効果ですが、アクションカードで付与するのはモリガンに対してあまり効果が出ません。

封印を付与するならば、ユニットの「ツィツィヤック」がアクティブレスポンスを挟まないで済むのでおすすめです。

最有力は6MPの「抹殺」

アクションカードでおすすめは、打ち消されづらい6MPの「抹殺」。高い確率でユニットを破壊できるので、「空戦モリガン」に対して非常に有効です。一様モリガンも「消された記憶」や「仙術の極み」で打ち消す手段があるので覚えておきましょう。

ユニットを奪う「4コス軸モリガン」

4コストのユニットを軸に戦う「4コス軸モリガン」も流行デッキのひとつ。

HP4以下のユニットをランダムに奪う「フォーアイズ」や、条件を満たせばスタッツが高くなる「ルポ」を主力に戦います。

ヒーローアーツは「シャドウブレイド」を採用することが多く、上記の「空戦モリガン」に対して対処しやすいのが特徴です。

徹底して4コストを排除

場に紫4コストのユニットを残さないと力を十分に発揮できないことから、4コスユニットを徹底排除するのが対策としておすすめ。

また、味方ユニットを場に出す際、4コスト以下は「ベルトウェイ」でEXポケットに、HP4以下は「フォーアイズ」や「シャドウブレイド」で狙われていることを常に意識しながら立ち回りましょう。

継戦能力が高いウェスカー

teppen-wesker

ウェスカーは、ユニットを破壊するカードやリベンジ持ちのユニットで継戦能力が高いのが特徴。

前環境と比べると黒き選別型、ウロボロス型とあまり変化がありませんが、新パックで注目のカードがあります。

前回環境を知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

全体除外の「死と生のゆがみ」

レジェンドで8MPとコストの重いカードですが、すべてのユニットを除外したあと自身と相手の墓地からユニットを3体出すという、場の状況が一変する性能を持っています。

高コストのカードを中心に使い、自分の場だけ8コストのユニットが3体出現!なんてことも可能な夢のあるカードです。

「除外」という効果はどのゲームにおいても強力な“無力化手段”として機能するため、今後も採用されることがあるでしょう。

破壊+枠妨害「黒呪病」

「黒呪病」はユニットを選択して破壊でき、破壊した枠に「黒き感染者」を出すアクションカード。

このカードは5MPで選択して破壊できる利点に加え、ユニットが破壊された枠に好きなユニットを置けなくさせる、一種のロック機能を持っています。

空戦で攻めるデッキと相性がとても良く、正面の敵に~の効果を持つユニットを活用させないことが可能など、ただ破壊するだけでない使い方が見込める注目カードです。また自身のユニットも対象に選択できるのもポイント。

処理能力の高いリュウ

teppen-ryu

トップメタのモリガンに対して有利なリュウは、真空波動拳型と電刃練気型の2種類があります。

赤属性はライフ回復の手段が無いので持久戦は苦手ですが、性能の高いユニットが多く混色デッキを作りやすいです。

真空波動拳型

真空波動拳型のリュウは、「バレッタ」や「レディ」など、プレイ時に敵ユニットにダメージを与えて盤面を制圧するのが得意なデッキ。

新パックで「アグナコトル」を獲得し、単体ユニットを処理する性能はヒーロー随一です。シールドを付与されるとダメージが通らないので緑属性は苦手ですが、モリガンに強いため活躍の場は多いでしょう。

電刃練気型

「電刃練気」で与えるダメージを増加させ、「不意打ち」や「ヘッドショット」でどんどん相手ヒーローのライフを削るデッキ。

盤面の処理もそれなりに得意ですが、相手にライフを回復されると勝ち筋が無くなるのがネック。

逆を言えばライフを回復する手段を持たない相手には強く勝負できるので、緑や黒属性が少ない環境であれば脅威となるデッキです。

攻めのリオレウス

teppen-rathalos

対策をしていない相手に圧倒的強さを誇る「逆鱗リオレウス」デッキも人気。赤と緑の混色が多く、ユニットを強化する手段に事欠きません。

ヒーローアーツの「逆鱗」で連撃持ちのユニットに空戦+攻撃力アップを付与して、一気に相手ヒーローを倒すのが狙いです。

新パックでコンセプトと相性抜群の「無の境地」、空戦と連撃を持つ「セルレギオス」など使いやすいカードを多く獲得しました。

デッキ自体は強力なのですが、環境で1番人気のモリガンとの相性が絶望的なので、前環境と比べると数を減らしています。

発展途上の春麗

teppen-chunli

春麗はヒーローアーツの「あくび」でMPを得て、高コストユニットを展開する「あくび春麗」が見かけるデッキ。

ポテンシャルは感じるものの、上記のデッキ群と比べて一歩劣り、デッキもまだ発展途上というのが現状です。

味方緑ユニットをコピーして場に出す「同族の絆」や、味方ユニット3体を3/6にして空戦を付与可能な「帰天の儀式」など面白い効果を持つカードが新パックで追加されたので、まだまだ可能性のあるヒーローです。

その他のヒーロー

その他のヒーローの使用率は低く、Aランク以上ではほとんど見かけません。

前環境でそこそこいたネルギガンテが消えてしまったのは以外でした。

筆者は前環境のチャンピオンズランクをネルギガンテで到達しましたが、「空戦モリガン」の押し付ける戦い方が強すぎたので乗り換えました。

まとめ:モリガン対策を万全に

使用率の高いモリガンへの対策をどうするかが勝率アップの鍵になるでしょう。

楽に対策をするならばリュウ。開き直って同じくモリガンを使い、ミラーマッチ対策をするのも手でしょうか。

新たなデッキの発見や環境が変わり次第、追記していきますので参考にしていただけると幸いです。