【TEPPEN】ランクマ“エックス”チャンピオン到達!「テンポリュウ」デッキ

ランクマ“エックス”でチャンピオン到達の原動力となった「テンポリュウ」デッキを紹介。

カードの採用理由や使い方も解説していますので、ランクマ“エックス”でチャンピオン到達を目指している方は参考にしてください。

「テンポリュウ」デッキレシピ紹介

teppen-ryu-xcup
teppen-ryu-xcup-qr

盤面制圧が得意

テンポリュウ」デッキは、プレイ時にダメージを与える効果を持ったユニットを軸に、盤面制圧を目指すデッキ。

また、コストの軽いカードが多く手札事故が少ないのもポイントです。

ラギアとアグナの使い分け方

基本的には、相手が出したユニットに対し「ラギアクルス」「アグナコトル」「バレッタ」などでダメージを与えて倒す、後手志向で戦います。

その際、「ラギアクルス」「アグナコトル」は両者共に合計3ダメージを与えることができ、手札に両方ある場合どちらを使うか悩ましいです。

お互いに得意不得意な状況があるため、使い分け方を解説していきます。

デッキの中核「アグナコトル」

「アグナコトル」は、プレイ時ランダムな敵ユニット1体に3ダメージを与えます。

対象がランダムとはいえ、場にいる敵のどれかには3ダメージが確実に入るので、次の自分の取るべき行動が考えやすいのが「アグナコトル」の利点。

攻撃力も3と高く、「ラギアクルス」よりも受け性能が優れているので、シールドを持った敵がいないならば、優先的に使いましょう。

シールド対策の「ラギアクルス」

「ラギアクルス」は、プレイ時ランダムな敵ユニットに3ダメージを振り分けます。

与えるダメージが分散するので思い通りになりづらく、運要素が絡むユニットですが、シールドを除去する際は「ラギアクルス」の方が役立ちます。

他には、敵ユニットのHP1が複数展開している場合にも有効です。

「アグナコトル」は単体にダメージを与えたい時、「ラギアクルス」は複数のユニットにダメージを与えるのをイメージすると効率良く運用できます。

「怒れる竜王 リオレウス」不採用の理由

レジェンドカードの「怒れる竜王 リオレウス」は強力ですが、コストの高さと能力の遅さで現環境では使いづらいユニットです。

ウェスカーやモリガンはユニットの破壊や奪取が容易なため、8コストが仕事をせずに場を離れると、その後挽回が難しいため敗因になりえます。

また、「リオレウス」の効果は、相手ヒーローにダメージを与えた時に効果を発揮するので、相手は見てから対処する時間が十分にあります。

以上のことから採用を見送り、他のカードを入れる方がおすすめです。

3コスユニットについて

3コストのユニットは採用候補が多く、臨戦持ちの「ガイ」は3積み確定として、他が悩ましいところ。

受けを強化するなら「アクセル」、能動的に動くなら「フォレスト・スパイヤー」、打点アップを期待するなら「レオン・S・ケネディ」と好みに合わせて枚数を調整しましょう。

筆者の場合は、持っているカードの都合上で採用枚数が決まっています(アクセルすらケチって作ってないなんて言えない…(._.))。

切り札「宿命に抗う者 リュウ」

「テンポリュウ」の切り札、「宿命に抗う者 リュウ」は慎重に使います。

アクションカードが多く入っているので、終盤は6以上のダメージをユニットに与えられるフィニッシャーとなってくれます。

相手が除去を握ってそうな時には極力出さず、相手の大型をねじ伏せながらコスト勝ちできる場面で出すのが理想です。

中途半端に使うにはもったいない性能なので、大事に使いましょう。

「テンポリュウ」デッキの立ち回り

相手のユニットを破壊して、自分のユニットを場に残す。シンプルな戦い方です。

開幕10MP溜まりそうなときには「不意打ち」で敵ライフを削り、動かざるをえない状況を作ってやりましょう!

対モリガン

teppen-morrigan

対モリガンでは、流行りの「4コス軸モリガン」「空戦モリガン」デッキに対して有利です。

「4コス軸モリガン」で意識したいのは、紫ユニットを場に残さないこと

場に4コストのユニットがいなければ何もできないので、すべて狩り取るイメージで戦います。

「空戦モリガン」はイブキを通さなければ良いだけなので、「バレッタ」や「真空波動拳」を構えて立ち回りましょう。

対ウェスカー

teppen-wesker

対ウェスカーは、終盤になればなるほどリュウが不利になるマッチアップ。

リベンジやウロボロスを対処するのが無理なので、前半でどれだけ敵ヒーローのHPを削れるかがポイント。

環境でウェスカーとあたる頻度が多い場合は、リュウで勝ち星を稼ぐのは難しい(練気型ならワンちゃんあるかも…)ので、使用デッキの変更をおすすめします。

対リュウ

teppen-ryu

ミラーマッチとなる対リュウは、相手に一度リードを許すと挽回するのが難しく、ゲームをどちらがより深く理解しているかが問われます。

開幕では、「不意打ち」を握っている方が有利に立ち回れ、持っていない場合は「ガイ」を軸に展開しましょう。

対リオレウス

teppen-rathalos

対リオレウスは比較的戦いやすい相手。

しっかりと連撃持ちを除去すれば勝てます。攻撃力が上がったユニットに「猪突猛進」で一発を狙われないよう気を付けましょう。

対緑ヒーロー

teppen-chunli

稀に当たるエックスや春麗が使う緑全般のカードは、リュウと相性が悪いです。

シールド持ちや高HPのユニットが多いので、キーカードとなるユニットは通さないよう心掛けましょう。

要注意のユニットは、レジェンドカードや「クリス・レッドフィールド」です。

モリガン狩りに最適なデッキ

モリガンに対して有利、その他のデッキに対しても五分で戦える現環境では戦いやすいデッキです。

ウェスカーには不利ですが、勝てない…ことはないので、ミスをしないようあきらめずに戦いましょう。

コンセプトがシンプルでわかりやすいので、ランクマ“エックス”でチャンピオンズランクを目指している方は参考にしてください!