【TEPPEN】ランクマ“リュウ”環境考察。流行ヒーローやデッキを解説

ランクマッチ“リュウ”で流行しているヒーローやデッキを解説。ウェスカー・リオレウス・モルガンの3体に焦点を当てて解説していますので、環境の把握やデッキを作成する際の参考にしてください。

コントロールが得意なウェスカー

ウェスカーは黒属性のヒーローで、5MP以下の敵を破壊できる「黒き選別」や墓地にある1番MPの高いユニットを場に出す「ウロボロス」など優秀なヒーローアーツを持っています。

ランクマッチでは高確率で遭遇し、場をコントロールして相手を完封し勝利できるので人気のヒーローです。

現環境では、主に以下の2タイプのデッキが主流となっています。

「黒き選別」コントロール型ウェスカー

ヒーローアーツは「黒き選別」にして、単体除去に優れたコントロール型のデッキ。

リベンジ持ちのユニットを多く採用することで、長期戦になった際、相手はデッキが0なのに対し、こちらはまだ出せるユニットが残っているというわかりやすい勝ち筋が魅力。

ミラーマッチでは、適切にユニットを処理する能力が問われ、リベンジ持ちのユニットの数で勝敗が決することもしばしば。

対策として、「黒き選別」で処理されず直接ヒーローに大ダメージを与えやすい「空戦モリガン」や高スタッツでゴリ押す緑単などが考えられますが、「抹殺」などの対抗策がウェスカー側にもあるので、持久戦に持ち込まずウェスカーのライフをどう削るかが重要になります。

「ウロボロス」型イビルジョーウェスカー

高スタッツの「イビルジョー」を「ウロボロス」で使いまわすコンセプトのデッキ。

「偽りの王座」でデッキから墓地に送れるので、狙いは達成しやすく安定して「イビルジョー」を場に出せます。

弱点は、イビルジョーを出して即処理されるとMP差で不利に陥りやすく、単体を除去するのが得意な相手には苦戦します。

相手の手札やMP保有量を読みながら、ここぞという場面で「ウロボロス」を使用して畳みかける判断力が鍵を握るデッキです。

連撃と空戦で一気にライフを削る「逆鱗リオレウス」

攻撃時2回ダメージを与える連撃持ちのユニットに空戦を付与して一気にヒーローのライフを削る「逆鱗リオレウス」も流行デッキの1つ。

赤と緑の混色タイプが多く、緑属性のカードでは、MPブースト持ちの「アイルー」や「アイリス」の使用率が高め。

切り札として即時攻撃を可能にする「猪突猛進」があり、不利な状況でも一発逆転を狙うことが可能です。

1体でも場に残れば、攻撃力を上げるアクションカードを多用してゲームエンドに持ち込むこともできますが、場のユニットを処理されると何もできないので、除去が得意な相手は苦手。

アクションカードが多く、手札事故が起こる可能性も多々ありますが、爆発力がある人気デッキです。

呼応型「空戦モリガン」

紫属性の空戦モリガンは、呼応でスタッツが上昇する「イブキ」や「レイレイ」に「フックショット」で空戦を付与し、相手ヒーローのライフを直接狙うデッキ。

主力ユニットがウェスカーの「黒き選別」に引っ掛からない点も強力で、コンボが決まれば楽に相手を倒せます。

ヒーローアーツは「ダークネスイリュージョン」がよく選択され、「アナカリス」や他の停止系アクションカードを用いて敵ユニットを除去できます。

苦手な属性がはっきりしており、赤属性ユニットの「バレッタ」や「レディ」で「イブキ」や「レイレイ」を出した直後に倒される可能性があるため、赤属性相手には悩まされます。

アクションカードが多く手札事故がついて回りますが、一方的に勝利をもぎ取れるポテンシャルを持っています。

緑黒型「棘とばし」ネルギガンテ

上記に比べると使用率は一歩劣りますが、見かけることの多いデッキ。

のカードでライフ犠牲をカバーし、優秀な複数除去も可能な「棘とばし」で盤面を有利にします。

「空戦モリガン」に対しては不利ですが、「逆鱗リオレウス」や「ウロボロス」型ウェスカーに対しては五分で戦えます。

筆者はこちらのデッキを使用してチャンピオンズランクに到達しており、勝ち星を稼ぐことは十分に可能です。以下のリンク先にデッキの内容をまとめていますので、宜しければ参考にしてください。

赤単「リュウ」デッキ

リリース当初人気だった赤単「リュウ」デッキ。プレイ時にダメージを振り分けるユニットを多く採用し、盤面を制圧しやすいのが特徴。

ヒーローアーツの「真空波動拳」も強力で高い使用率でしたが、継戦能力に優れたウェスカー、リュウよりも攻撃的な「逆鱗リオレウス」が現れ徐々に下火に。

モリガンなど紫属性が猛威を振るえば、有利をとれるリュウがまた流行ることもあるでしょう。

まとめ:空戦とウェスカー対策をどうするか

『TEPPEN』は普通の対戦ゲームより環境が変わるスピードが早いです。流行りのデッキが常に変わり続けるので、1つだけでなく何種類か使いこなして対応するのが理想です。

ランクマッチ“リュウ”では、1番人気のウェスカーと空戦持ちのユニットに対してどう対処するが重要になってきます。

筆者はウェスカー対策に「緑黒ネルギガンテ」、空戦持ちには「緊急回避」と「棘とばし」で対処する道を選びましたが、9月に追加される新しいパックで環境がどのように変化していくのか。まだまだ楽しく『TEPPEN』を続けていきたいと思います。